化石融合-フォッシル・フュージョン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

化石融合-フォッシル・フュージョン:?

通常魔法(TF2オリジナル)
自分及び相手の墓地から、融合モンスターカードによって
決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、
「化石」と名のついた融合モンスター1体を融合召喚扱いとして
エクストラデッキから特殊召喚する。

TF2でオリジナルカードとして収録された、通常魔法。
アニメGXにおいてジム・クロコダイル・クックが、切り札の「化石」モンスターを出すために度々使用した。

自分の墓地だけでなく、相手の墓地のモンスターをも融合素材にしてしまうという面白い効果を持ったカード。
元々【岩石族】デッキは自分の墓地の岩石族モンスターをコストとしてモンスターを特殊召喚する戦術に特化しているため、このカードも無理なく採用できる。
基本的な使い方は生者の書-禁断の呪術-と似たような感じだろう。
多くのデッキは多かれ少なかれ墓地を利用した戦術を用いているため、相手のそのような戦術を妨害しつつ、自分は強力なモンスターを特殊召喚する事ができる。

ちなみに対応している融合モンスターは
  1. 新生代化石騎士 スカルポーン
  2. 中生代化石騎士 スカルナイト
  3. 古生代化石騎士 スカルキング
  4. 古生代化石竜 スカルギオス
の4体である。
レベル4の新生代化石騎士 スカルポーンでも攻撃力2000と、十分な戦力になってくれるため、お互いの墓地にモンスターさえいれば無駄になることは少ないだろう。
高レベルのモンスターほど戦闘で強力な効果を発揮するため、融合素材さえ相手の墓地にあれば切り札として活躍してくれる。
ただし、コントロール奪取されると逆に自分が大ダメージを受けかねないため、十分に注意が必要。
また、守備力も低いため表示形式を変更されると簡単に戦闘破壊されてしまう。

問題点は、ある程度デッキを岩石族で固めなければ使いにくくなることで、その岩石族はスタンダードに強いカードが少ない。
また、有力な岩石族の下級モンスターはN・グラン・モールを筆頭に、伝説の柔術家番兵ゴーレムなど、バウンス効果に特化しているのもやや難点。
相手モンスターを墓地に落とさないため、このカードの融合素材を確保することができないのである。
このカードを有効に使うのなら、地砕き神の警告など、相手モンスターをバウンス・除外せずに除去する手段もある程度投入しておきたい。
メタモルポットは、自身が化石融合の素材になるうえ、相手の手札の上級モンスターを墓地送りにできる可能性もあるため相性がよい。
また、コアキメイル・ガーディアンも、相手モンスターを墓地に送り自身も墓地に行くという点で、このカードの効果とシナジーを誇る。

メガロック・ドラゴン地球巨人 ガイア・プレートとは、墓地の除外コストを食い合う可能性がある。
ただ、化石融合モンスター自体も、墓地に落ちればこれらのモンスターの餌になってくれるので、バウンスや除外されない限りそこまで心配する必要はない。
いっそのことメガロック・ドラゴンのギミックを抜いて、化石融合だけで運用するのも手である。
これらのカードで除外された岩石族モンスターは、化石岩の解放で帰還させれば再び墓地コストに充てることができる。
ただし、化石モンスターは帰還させることができないので要注意。

  • 墓地の種族を変更するアンデットワールド輪廻独断には注意。
    また、岩石族関連カードに総じて言えることだが、王宮の鉄壁を張られると完全に機能停止してしまうので要注意。
  • TF2でこのカードが登場した当初は、デッキに高レベルモンスターを投入することは事故の可能性と背中合わせであり、大量に高レベルモンスターを投入した【推理ゲート】がカモになる程度であった。
    しかしその後シンクロ召喚の登場により、多くのデッキで簡単に高レベルモンスターを出すことが可能になる。
    また、ライトロードなど高速で墓地を肥やすギミックも多く登場し、それに伴いこのカードも相対的に強化されてきたといえる。
    岩石族デッキの新たな切り札となり得るカードとして、OCG化を望む声が大きい。
  • 岩石族をデッキに投入している【ダーク・ガイア】に1枚くらい挿しておくと思いのほか活躍できる。
    岩石族化石モンスターは攻撃力が高く、墓地からの特殊召喚もできないためダーク・コーリングで素材にしてしまえば無駄がない。
    どちらも戦闘に強いため、決闘融合-バトル・フュージョンなどの融合モンスターサポートも共用できる。
  • このカードで特殊召喚される融合モンスターは相手モンスターのレベルを指定しているため、エクシーズモンスターを融合素材とすることはできない。
    また、エクシーズ素材となったモンスターも墓地に落ちるまでにはタイムラグがあるので、エクシーズモンスターを多用する相手とは相性が悪いといえる。
    ただし、こちらもジェムナイト・パールなどのエクシーズモンスターを出す足掛かりとしてこのカードを使うことが出来るので、必ずしも弱体化したわけではない。

  • 関連カード
  • 関連カード 
  • ゲーム別収録パック:No.無し






YOパックパック:無し

OCGパックパック:無し


ご購入はこちら
クリック!
遊戯王&トレカ販売 カード&ホビー「KeyGrip」