ハイレート・ドロー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハイレート・ドロー:?

通常罠(TF6オリジナル)
自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
その後、破壊され墓地へ送られた機械族モンスター1体につき、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
TF6でオリジナルカードとして収録された、通常罠。
アニメ5D'sではアポリアが使用した。

普通に発動したのでは、このカード1枚分のディスアドバンテージである。
破壊されて「墓地へ送られた」分だけドローするので、トークンを破壊しても無意味。
また、破壊とドローは同時ではないので、機皇帝(OCG版)の特殊召喚トリガーにすることはできない。
したがってこのカードは、機械族モンスターをディスアドバンテージなく大量展開できるデッキで採用することになるだろう。

相性の良いカードの筆頭は、やはり機皇帝(TFオリジナル版)だろう。
全てのパーツが存在する状態で発動すれば5枚ドローとなり、驚異的なドロー加速を実現できる。
せっかく並べた機皇帝をわざわざ破壊するのは少々もったいないが、相手の除去に対してサクリファイス・エスケープ的に使うこともできるので使用価値はあるだろう。
また、「コア」が破壊された際の効果は強制効果なので、こちらのトリガーにすることは可能。
「コア」の効果が発動した際はどのみち他の自分のモンスターも全て破壊されるため、先にこのカードで破壊してドローに替えてしまったほうがよいだろう。

これ以外には、ブラック・ボンバーの効果を使えば、召喚権は消費するものの2:2交換になる。
カードガンナーを巻き込めば、このカードの分のディスアドバンテージを回避することができる。
  • 関連カード 
  • ゲーム別収録パック:No.無し






YOパックパック:無し

OCGパックパック:無し


ご購入はこちら
クリック!
遊戯王&トレカ販売 カード&ホビー「KeyGrip」