ゴースト・コンバート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゴースト・コンバート:?

通常罠 (TF5オリジナル)
自分フィールド上に「∞」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
自分の墓地に存在する機械族モンスター1体をゲームから除外して発動する。
相手の魔法・罠・効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。
発動後このカードは墓地に送らず、そのままセットする。
TF5でオリジナルカードとして収録された、通常罠カード。
アニメではルチアーノが使用し、機皇帝スキエル∞を龍亞のD・クリーナンの効果から守った。

その効果はまさに、機皇帝専用のスターダスト・ドラゴン/バスター
毎ターンほぼノーコストで使える上に、相手の魔法・罠・モンスター効果に幅広く対応できるため、制圧力は申し分ない。
自体も対象をとる効果に耐性があるため、このカードと合わせれば鉄壁の守りを築くことができるだろう。
2枚以上伏せれば、相手はほぼ身動きがとれなくなるだろう。

だが、1ターンに1度しか使えないため、過信は禁物。
くず鉄のかかしと同様、再びセットされる罠カードの宿命として、撲滅の使徒には非常に弱い。
このカードは通常罠なので、カウンター罠にも無力。
このカードの発動にチェーンして王宮のお触れを発動されるのも痛い。
相手が攻め手を失っている間に、貫通効果や直接攻撃などで速攻で勝負を決めてしまいたいところ。

また、いくら墓地コストが軽いからとはいえ、調子に乗ってカードを除外しすぎないように注意。
下手に機皇帝のパーツを除外してしまうと、戦線の建て直しで改めて「コア」の効果を発動する際にパーツが足りなくなり、効果が不発になってしまう。
コストには「コア」に直接関係のない強化パーツや、機皇帝のパーツ以外の機械族モンスターを使用したい。

総じて非常に強力なカードであるが、フィールド上に機皇帝が存在しなければ、ただの紙になってしまう点にも注意しなければならない。
機皇帝はただでさえ単体では役に立たないパーツが多く、手札事故が発生しやすいデッキである上に、このカードを安易に3枚積みすればさらなる事故要因になりかねない。
デッキスペースとはよく相談する必要があるだろう。

禁止カードだが、王家の神殿とコンボすれば1ターンに何度でも相手のカードの効果を無効化できる。
ただしこの場合も、墓地コストには注意したい。

  • アニメでは、「相手の効果の対象を墓地のモンスターに変更する」という効果だった。
    そのままではルール上扱いにくいため、TFではこのような効果になったと考えられる。
    TFでは墓地のモンスターが除外されるものの、対象をとらない効果にも対応できる点では強化されている。

  • ゲーム別収録パック:No.無し






OCGパックパック:無し