情報裏技等

■間違って作ってしまったページや変更修正削除はこちらに→削除修正おねがい
  • 2008年7月の世界大会に向けて、新しい制限リストが発表されました。



  • ☆隠しモード
    • カード収集率80%で、フリーデュエルに観戦モード&タッグ観戦モードが解禁
    • カード収集率90%で、フリーにレシピ対戦(自分のデッキ可)、禁止カード1枚使用可に(レシピも変更可)
    • カード収集率95%で、全カードランダムパックが出現(1パック出現していない状態でも可能)
    • 各キャラ10勝でタッグパートナーとして使用可○(漆黒の世界・WCタッグは不可)
    • 石碑、サイボーグ・バス、ミミック、名工虎鉄、アンティ、カイバーマン のメンバーは未確認(情報求む)
    • 暗黒のミミックLV1×/海竜神○/伝説のフィッシャーマン×
    • サイボーグ・バス×/名工虎鉄×/カイバーマン×

☆デュエルワールド関連
?:秩序の世界のイベントの裁判で、裁きを下す者-ボルテニス(DU)に敗北すると、天空騎士パーシアス
裁きを下す者-ボルテニスが、ワールドチャンピオンシップに出現しなくなる?(情報求む!)
→ボルテニスとのデュエルでサレンダーしました。秩序の世界をクリアしましたが、両方ともに出てきません。
→「上記の方法により該当キャラ出現しなくなるのは仕様です。該当キャラ出現しなくてもパック出現やクリアには影響がありません」との事。(KONAMIお客様相談室からの回答)

?:エンディング後の秩序の世界の雲の中で、3回続けてデュエリストに「話しかける」を選んで
雲を出て天上守護者に話しかけデュエルしないで元に戻ると、秩序の世界の下のほうが変になっています
→エンディング前でもこの状態になるのを確認しました。

?:上記、秩序の世界でバグ中に誰かと決闘したら、決闘中の自分キャラの顔がバグッた事を確認しました。
ただ、必ず起こるのかは不明ですので、心配な方は、やらない方が良いかと・・・

?:上記秩序の世界セーブするとやばそう?
→コナミに電話確認し、担当によると「世界を出れば元に戻る」との事です。心配な人は決してやらないように!

?:整形手術失敗時にも上記のように、決闘中にキャラの顔がバグる現象が確認されました。
秩序の世界のバグはない状態です。

?:マシュマロン(DU)が・・・
→10勝すると何故かタッグの方のマシュマロンがパートナーの所に出現する為、パートナーに出来ない

カオス・ネオスの封印石版を調べ、「いいえ」を選択するとBGMが前回行った世界に変わる(どこもいってない場合はタイトルの音楽)。

遊城十代(DL)と対戦してからカオスネオスの封印を開放して遊城十代を出現させると遊城十代との戦績が遊城十代(DL)と同じ戦績になる。以降は別々にカウントされる。白魔導士ピケル(DU)の場合も同様。

☆ワールドチャンピオンシップ関連
?:攻略本の情報とは違い、フリーデュエルのシングルで60人に5勝しても剣闘獣ヘラクレイノス(DU)が出ない?
→60人に6勝で出現します。

Wi-FiダウンロードでダウンロードしたDイメージをタッグパートナーに選んでタッグトーナメントに出場すると、パートナーの名前が表示されないことがある。その状態では、パートナーのデュエル中のセリフパターンがランダムに変化する。(具体的には、遊城十代(DL)が「城之内ファイヤー!」と叫んだり、氷帝メビウス(DL)が獣の叫び声を上げたりする。)

?:驚異的なDP(原因不明。改造したソフトは使用していない)
 マンジュゴッドを相手にネクロフェイスを使用したデッキで対戦したところ、デュエル後のボーナスは、魂吸収によるLP 20000越えデッキギリギリ勝利 、ヘル・テンペストなどの何の変哲もないものばかりだったにもかかわらず、なぜか もらえたDPが600000をこえ、デュエルレコードの最大LP差の数値が本来ありえない163643391という数値になっていた。(大量のパックを買えたのでうれしかったが・・・)

?:ヴィクトリードラゴン?
おじゃまイエロー戦時、クイズの発動をモンスター名を当てて阻止した瞬間に此方の勝利。
使い慣れないカードなので、そんな効果なのかと思ったら、ボーナスにヴィクトリードラゴンの文字が。

?:丸藤翔
CPU対戦に出現する、丸藤翔は、攻略本では、制服がオシリスレッドだが、実際は、ラーイエローである。(製作段階のミスの可能性)

☆デュエル中・カード効果処理関連

?:ネフティスの導き手
→場に5体のモンスター(ネフティスの導き手+4体)が居る時にネフティスの導き手の効果が発動できない。恐らく場が空いてるかどうかの判断を生贄処理前にしていると思われる。(同様の状況で、ドラゴンフライが戦闘破壊されたときにも効果が発動できなかった。)

古代の機械巨竜や古代の機械合成獣を古代の機械城の効果で召喚すると何故かガジェットを生贄に召喚したときと同じ効果を得られることがある。

マインドクラッシュやデーモンの宣告等全カードの中から選ぶカードを使用した直後操作が反応しないことがある。

コクーン・パーティ使用時に墓地のCのつくモンスターよりも1体多く特殊召喚しないといけない事がある。(恐らくN・アクア・ドルフィンが2種類分としてカウントされている)

休息する剣闘獣の使用時にデッキに戻すカードを選択する操作をBボタンでキャンセルできる。(結果的に手札に剣闘獣が2枚以上あるときに3枚ドローできるカードとなっている)

デッキにがあり伝説の都 アトランティスが無い状態でアトランティスの戦士の効果を使うと手札にをサーチして来る。

究極封印神エクゾディオス の効果で 闇より出でし絶望 を墓地に送ると特殊召喚される。(再生ミイラも手札から墓地に送った場合は効果が発動するので、おそらく究極封印神エクゾディオスの効果が、相手のカードの効果として処理されているものと思われる。)ペンギンナイトの効果も発動した。

軽量化で手札からデッキに戻す際キャンセルすると、無条件にカードを引ける。

禁止令を発動した後に剣闘獣と名のついたカードの効果が発動できない。(モンスター、魔法など全て)
次のターンは使用可能。

ダメージステップ中に複数のチェーンブロックを組むことができない。
例:収縮を発動、カウンター罠で無効にされた場合
本来は上記チェーンの処理終了後に再びチェーン1で収縮などを発動することができるが、ゲームでは強制的にダメージ計算に移行してしまう。

クリボーの効果を何度使っても手札から捨てられないことがある。数ターン後のエンドフェイズに手札が七枚あったので激流葬を捨てたら直った。
(条件不明、相手は精霊術師ドリアード)



旧作のデュエリスト情報です
リンク名をそのまま使用すれば、使えます ※要リファイン

間違って作ってしまったページや変更修正削除はこちらに→削除修正おねがい

以下2007のコピー(のちほど消します)
  • ポリゴン表示
デュエルにおいて召喚・発動したカードに関しては、デッキ編成やカードリストで、カード説明文の後ろにポリゴンが表示される。
ポリゴンのない魔法やトラップの場合は、発動を意味する「ACTIVATE」が表示される。
なお、対戦相手が行ったものも登録される。

|