あ行~さ行

胎界主で用いられる用語解説です。

あ行

アカーシャ球体

トピックのアカーシャ球体を参照。

アカーシャ球体圏内

球体使いが自由にアカーシャ球体を扱える範囲のこと。
指紋のように人それぞれ範囲は異なるが、修練次第ではこの範囲は広まる模様。

悪魔

魔界より人間の想像力の力を借りて生成世界に現れる存在。悪魔の姿かたちは、大昔より人の深層心理に埋め込まれている。
悪魔たちの目的は、ひとりでも多くの胎界主を得て誓約させることである。悪魔はアカーシャ球体と人間の欲望を介してたましいを翻訳し、胎界主かどうかを判別している。悪魔自身はたましいを持たないため、自らは何もつくることができない。
人間には無いさまざまな超常の能力を持つが、一方でいくつかの制約に縛られている。たとえば銀の武器の攻撃を受けると傷つけられる。また嘘をつくことができず、もし嘘をつけば嘘によって回避できた災い以上の罰を受ける。
魔界が本拠地だが、生成世界に下部組織「ヘッド」を置いている。ヘッドは悪魔と誓約者(主に人間)によって構成される組織である。

渾菜組

久松組を抜けた渾菜が作った組。連合の後ろ盾を得て久松組と対立。

アビュッソス

生成素。アカーシャ球体のひとつ。

アンダルシアの犬

ルイス・ブニュエルとサルバドール・ダリによるシュルレアリスムの実験的ショート・フィルム。
冒頭の剃刀で眼球を真二つにされる女のシーンに始まり、脈絡のない衝撃的イメージ映像が断片的に描かれる。(wikipedia)

アンブロシア

高級位のフォイゾンと生成素が主成分の貴重な回復剤。よほど重度の怪我でないかぎりこの回復剤で治癒可能。

命の緒

生き物に生えているねじれた赤い紐状のもので、輪の部分と輪と生き物をつなぐ部分(ツノ)とで構成される。普通の人には見えない。
命を表し、生成世界での滞在許可証のようなもので、太さや長さは構成している肉体の安定度に比例する。ちなみに無脊椎動物にはない。
その生き物の命に危機が迫ると縮み死ぬとなくなる。逆の理屈で、命の緒を切れば健康な人でも死んでしまう。
同じような形で緑色のものは心の緒。
なお肉体を胎界化した不老不死者は命の緒がない。

インプ

四大魔王の精を、サッキュバスが育てた精獣。女の腹を『扉』にする事で九十九年を九ヶ月に短縮して生成世界に存在を確立させる事が出来る。ただし、『たましい』は持っていない。    >http://www.taikaisyu.com/25-03/31.html
魔王の子供。主(父なる魔王)に絶対的な忠誠心を持っており、主に対するどんな些細な裏切り行為でも自我が崩壊する。

か行

傀獣

躰化者が戒律を破る度に人の形を失い、最後には誓約した司神に喰われ人の心を失ってしまった者。

戒律

躰化者が守らなくてはならない決まり。

架空炭素化合物

アカーシャ球体と炭素を結びつけたもの。
生成世界にあらわれる悪魔が、自らの肉体を形づくるために利用する物質である。
架空とはアカーシャ球体が物理法則の外にあるから。


<神>

司神たちを封じ込めたといわれる。

強制送還

生成世界に現れた悪魔を悪魔の意に反して強制的に胎界(魔界)に送り返すこと。

キナモムム

ロックヘイムにある国の名前。アトン教国。極寒の地。
バンシーと、人間の混血であるバンシー種がいる。
+ ...

球体使い

生成世界の生きものに備わっている精神障壁を自在に操れるようになった人間たちのこと。いわゆる超能力者。
基本は防御障壁に使用されているアカーシャ球体で物理攻撃を行う。
人によってアカーシャ球体を使って物質を移動させたり(球体間移動)、火をおこしたり、球体に人を閉じ込めたりできる。一般人には見えない。
躰化者と違って暴走・戒律はないが、球体を操るのは精神力・気力を消耗する。

共感の法則

接触したもの同士は時空を超え引き合う。

銀の法則

悪魔は銀で傷つけることができるという法則。ソロモンが本を改ざんして加えた。

傀(く)

いわゆる前世の人格?ドッペルゲンガー。
天国か地獄にいるのを肉体を与えられて召喚される。

化者

躰化者のように肉体を変質させている者たちの総称。

原典

<神>がかつて世界創造を行ったとされる空間。

原典世界

原典を翻訳世界と相反させる形で表した言葉。原典は世界ではないので正確には誤り。

西海道以外の土地で上層部に郷士が入っている市町村のこと。

心の緒

命の緒と対をなしからみ合う、生き物の頭に生えている緑色の紐。
心・記憶のかたまり。
人間の理解を超える精神を有する魔王の心の緒は稀男にも見ることはできない。
また、人間以外の脊椎動物には心の緒のツノの部分が無いようである。

賢者の石

躰化の術の際に必要。また躰化者を元の身体に戻すことが出来るとも言われている。
+ ...

郷中

東郷の私学校。

言葉の力

言葉にすることが実現に力を与えるという法則。

さ行

サッキュバス

リリスと四大魔王との間に生まれる力の小さい神獣。

自我の礎

その人間の過去の集積から構築した存在基盤であり世界了解である価値体系。すなわちたましいを翻訳したもの。

地獄

悪人(地獄の扉を開いた者)が死後に行く胎界。

地獄への穴

ソロモンヘイムや専有胎界にいる者を地獄へ落とす穴。魔王クラス以上が使える?

次元の指輪

他胎界と双方向につながる穴を開けることのできる指輪。一日一回のみ使用可。
箱に入っていたものの一つ。アスタロトが所有。外観はピンクで五芒星があしらってある。

次元の指輪(模倣品)

アールブが『本物』をもとに創りだした模倣品。
本物と違って、生成世界間や魔王の専有ヘイムのような胎界に穴を開けることしかできない。
+ ...

司神(ししん)

古の神々。あらゆる法則の外にある存在。<神>によって狂わされた。
種類は登場人物の司神・神獣・精獣を参照。
+ ...

地震

稀男が人助けに失敗し、自我の礎が崩れること。人格崩壊。

自由意志

本人が自分で考え行動すること。ヴァンパイアに操られると自由意志は消える。
運ぶ力は自由意志がないと働かない。

十字形

十字形の物はアカーシャ球体の自公転速度を速め、人の『たましい』のもつ対魔物精神障壁を増幅させる。
ただし恐怖心がある状態や異常な状態ではあまり効力がない。

シルフの指輪

アスの持っている青い指輪。身に着けていると飛行物(重力以外のエネルギーを保有し移動する物体)による攻撃から身を守れる。
次元の指輪(の模造品)と外見は同じだが別物である。『神獣石』の欠片からリョースが作り出した加工品。

神獣

司神の眷属。その中でも司神の実子の神獣は四体しかいなく四大神獣と呼ばれる。
傀獣の中で生前胎界主だった者も神獣と呼ぶ。>http://www.taikaisyu.com/25-02/25.html
種類は登場人物の司神・神獣・精獣を参照。

神獣石

司神の四大神獣が石化したもの。
+ ...

精獣

シルフ等のいわゆる精霊。
主である司神の名において命じ、胎界より引っぱりだした精獣に
形を授けて生成世界に実体化さる。(期限は長くとも次の朝日が登るまで)
この時、精獣の身体を構成しているのはアカーシャ球体
「下位精獣」「上位精獣」の上に「神獣」が位置する。
+ ...

生成世界

ソロモンヘイム(人間が住んでいる世界)及びロックヘイム(妖精が住んでいる世界)のこと。
生成世界はこの2つのみ。

生体金庫


誓約

司神との誓約 : 戒律を守ることを条件に躰化できる。躰化者とも呼ばれる。一人の人間が誓約できる司神は一柱のみ。
悪魔との誓約 : 12年の絶対服従と引き換えに願いを1つ叶えてもらえる。
司神と悪魔の両方と誓約している者も多い。

誓約者

通常 悪魔(ヘッド)と誓約した者を指す。

専有胎界

「メフィストの部屋」など、王族魔王だけが持つ自分だけの胎界。
他者は主の許可なく侵入できない。その中に入ると、無力化され記憶や思考も把握されてしまう。
専有胎界内はその所有者によって風景・形・法則等を変更できる。

ソロモンの鍵

ロックヘイムでは「本」のことをこう呼ぶ。

ソロモンの指輪

『司神』をも支配しあらゆる事象を思うがままに操れる指輪。箱に入っていたもののひとつ。
+ ...

ソロモンヘイム

2つの生成世界のうち人間が住んでいる世界のこと。次元番号001
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。