※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LastUpdate 2011/10/27


ここでは自作のフリーソフトウェアを公開中。
ここで公開されているソフトウェアを使用したことによる損害などに対して、
当方はいっさい責任を負いません。
自己責任で使用してください。
ソフトウェアの修正、複製、再配布は自由です。


emf2eps


概要

PostScriptプリンタドライバを利用して、
Windowsの標準的なベクタ形式であるEMF(Enhanced MetaFile)データを、
TeXなどで使用するEPS(Encapsulated PostScript format)ファイルに変換します。
クリップボード経由でPowerPoint、Visioなどの図形データをEPSファイルに変換することが可能です。
ビットマップデータもクリップボード経由でEPSファイルに変換できます。
BoundingBoxも自動的に計算します。

動作環境

  • Windows 2000
  • Windows XP (32bit版)
  • Windows Vista (32bit版)
※ 下記のOSでも動作可能と予想されます。
  • Windows XP (x64版)
  • Windows Vista (x64版)
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
※ 下記のOSは"Adobe Universal PostScript Windows Driver"をインストールすれば動作可能と予想されます。
Adobe Universal PostScript Windows Driver
http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=1505
  • Windows 95
  • Windows 98
  • Windows 98SE
  • Windows Me
  • Windows NT 4.0

ダウンロード

emf2eps071b1.zip(89,753バイト)
※ 旧バージョン emf2eps07.zip(86,563バイト)
※ 旧バージョン emf2eps06.zip(84,801バイト)
※ 旧バージョン emf2eps04.lzh(87,502バイト)

インストール方法

"emf2eps071b1.zip"をダウンロードして解凍した中に含まれる"readme.txt"を参考にプリンタのインストールを行ってください。
※ "Adobe Universal PostScript Windows Driver"をインストールした場合はプリンタのインストールは必要ありませんが、プリンタの設定を行う必要があります。

使用方法 ~EMFファイルをEPSファイルに変換する~

  1. emf2eps.exeを実行する。
  2. インストールしたPostScriptプリンタドライバを選択する。
  3. "開く"ボタンをクリック。
  4. 変換したいEMFファイルを選択する。
EMFファイルのファイル名が"hoge.emf"とすると、"hoge.eps"というEPSファイルが作成されます。

使用方法 ~クリップボード経由でEPSファイルに変換する~

  1. emf2eps.exeを実行する。
  2. インストールしたPostScriptプリンタドライバを選択する。
  3. PowerPointなどで図形を選択してコピーをする。
  4. "貼り付け"ボタンをクリック。
  5. 保存するEPSファイル名を入力する。
PowerPoint、Visio、ペイントなどの図形データをEPSファイルに変換することができます。


Copyright (C) 2004-2010 Tsuyoshi Sadakata. All rights reserved.