※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GENOウイルスって何?

Adobe ReaderやJava、Windowsの脆弱性を突いた新種のコンピュータウイルスです。

日本での最初の感染が通販サイトのGENOだったため、2ちゃんねるその他でそう呼ばれました。
このwikiでは 2009年4~5月頃に話題となったウイルス を「 GENOウイルス 」と表記します。
(名前が名前なため、一般的には、攻撃元のURLより 「Gumblar」 と呼ぶことが多いようです。)

これの何が怖いって、 普通にホームページを見ただけで感染する から大騒ぎしたのです。
しかし、2009年5月、攻撃元がなくなったため、次第に事態は収束していきました。

2009年10~11月頃、「GENOウイルス」と非常によく似たウイルスが猛威を振るい始めました。
これはKasperskyのウイルスニュースより 「Gumblar.X」 と呼ばれています。
(似てはいるものの、基本的に 「GENOウイルス」とは別物 と考えてください。)

そして、2009年12月頃、通称 「8080」 と呼ばれるウイルスが流行し始めました。
2010年1月現在話題となっているのはこちらです。
(似ているようですが、 「GENOウイルス」とは全く別物 です。)


【ここまでのまとめ】
  2009年04月~「Gumblar」(いわゆるGENOウイルス)
  2009年10月~「Gumblar.X」(GENOウイルスとは別物)
  2009年12月~「8080」(これもGENOウイルスとは別物)



で、感染するとどうなるの?

他のウイルスを呼び込まれる可能性があります。
また、ホームページを作っている人は、FTPアカウントを乗っ取られ、改ざんされてしまいます。
他の人が改ざんされたページを見ると、その人もウイルスに感染してしまいます。



なんか怖いんだけどどうすればいいの?

以下は「Gumblar.X」や「8080」にも効果があります。上の方ほど優先度が高いです。



感染してるか確認するには?

ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新し、スキャンを実行してください。
ウイルス対策ソフトを所有していない場合は、オンラインスキャンを試してみましょう。




関連リンク

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|